ブライダルチェック 受ける方法

ブライダルチェックを受ける方法

ブライダルチェックを受ける方法には、病院(婦人科・産婦人科)、保健所、郵送検査キットの3つの方法があります。

病院でブライダルチェック

病院でブライダルチェックを受けるメリット

対面による検査

病院でのブライダルチェックでは、検査は基本的に対面で行われるので、疑問点や不安な点などはすぐにその場で質問して解決することができます。また検査の結果、治療の必要があればその場ですぐに治療を始めることもできます。既に何らかの症状が出ているから検査をしたいという場合は、必ず病院で検査を受けましょう。

病院でブライダルチェックを受けるデメリット

匿名性が不安

医療関係者が業務上知り得たことを他に漏らすことは考えにくいのですが、少なくとも医師や看護師の方にはブライダルチェックを受けたことを知られる訳です。そして少なくとも医師には検査結果も知られることになります。誰にも知られずにブライダルチェックを受けたい人にとっては、そのことに抵抗を感じることがあるかもしれません。

保健所でブライダルチェック

保健所でブライダルチェックを受けるメリット

費用が安い

保健所でのブライダルチェックは無料の場合が殆どです。ただし、保健所によって違いがあるかもしれないので、検査を希望している保健所に事前に確認しておいた方がいいでしょう。

匿名検査が可能

保健所でのブライダルチェックは基本的に匿名検査です。この匿名検査であることは大きなメリットなのですが、デメリットになる点もあります。それは、匿名検査であるが故に検査証明書などは基本的に発行されません。また、検査結果は口頭での説明のみになる場合が殆どです。

保健所でブライダルチェックを受けるデメリット

検査日程が限られている

保健所でのブライダルチェックは限られた検査日時に保健所に出向く必要があります。忙しい毎日を過ごしている人にとっては、この限られた検査日時がネックになるかもしれませんね。

検査項目が少ない

保健所でのブライダルチェックでは、HIV、梅毒、クラミジア、淋菌などのSTD(性病・性感染症)の検査が行われていますが、一部検査を行っていないSTDもあります。保健所でブライダルチェックを受ける場合は、その点を承知のうえで検査を受ける必要があります。

検査結果が出るまでに時間がかかる

保健所でのブライダルチェックは、検査を受けてから結果が出るまでに2~3週間くらいの時間がかかります。保健所でブライダルチェックを受ける場合は、時間に余裕を持っておく必要がありそうです。

郵送検査キットでブライダルチェック

郵送検査キットでブライダルチェックを受けるメリット

自分の都合で検査ができる

仕事や家事などで特に忙しい方にとって、病院や保健所に行く時間を確保するのは至難の業。適切なタイミングで検査を受けることが難しいですよね。その点、郵送検査キットならば自分の都合に合わせて検査ができるのでとても便利です。また、郵送検査キットの使用期限は1年程度あるので、検査のスケジュールも立てやすいと思います。

完全な匿名検査

ブライダルチェックを行うことができる郵送検査キットのSTDチェッカーの最大のメリットはその完全匿名性にあります。STDチェッカーでは、検査結果をWebで確認するためのIDとパスワードは自分で設定します。そのために、郵送検査キットの注文情報と個人情報が紐付かない完全匿名検査が可能です。

検査の信頼性は病院の検査と同等

STDチェッカーによるブライダルチェックでは、登録衛生検査所の自社ラボにて検査を行っています。100検体による調査で感度・特異度ともに100%の結果が出ていて、病院での検査と同等の検査結果であることが証明済みです。

郵送検査キットでブライダルチェックを受けるデメリット

検体の自己採取と郵送の手間が必要

ブライダルチェックの郵送検査キットでは、検体を自分で採取しなければなりません。特に、初めてのブライダルチェックでは検体採取の時は正しくできたかどうか心配になりますよね。でも大丈夫です。STDチェッカーでは、コールセンターが検体の自己採取をサポートするし、万が一採取で失敗したら無料で再検査ができるので心配はいりません。

ブライダルチェック 郵送検査キット(女性用)の詳しい内容はこちら

ブライダルチェック 郵送検査キット(男性用)の詳しい内容はこちら

page top